ルールを選ぶ時は勝率ではなく利益率を重視する

ルールを選ぶ時は勝率ではなく利益率を重視する

 

FXでの売買を望む方々は、しばしば売買ルールに関心を抱いています。いわゆるシステムトレードなどに関心を抱いている方も多いですが、その際にはルール選びが必要になるからです。ところでこの金融商品での目的は、もちろん利益を発生させることですね。それで少しでも多く稼ぐ為に、良い売買ルールを選びたいと思っている方も、非常に多く見られます。もちろんルール選びは、非常に大切です。良いルールを選ぶことができれば、それだけ利益率も高まる傾向があります。

 

ではどうやって最適なルールを選ぶことができるかと言われれば、その基準の1つに勝率があるのです。たいていのFXの会社では、ルールを選ぶ為のシステムなどを準備しています。いわゆる検索システムなどが完備されているケースも多いですが、それにはたいてい勝率が掲載されているのです。ですので最適なルールを選びたい時には、その率に着目してみるのも一法と言える訳です。

 

確かに勝率が高い方が、稼げる可能性は一応あるでしょう。しかし実は、利益率となるとまた話が異なってくる事も多いのですね。なぜなら稼げるか否かは、単純に勝率だけでは判断が難しい事も多いからです。そもそも勝率が高ければ、必ずしも稼げるとは限りません。例えば9割の確率で勝つことができているルールがあるとします。一見すると、それは非常に優秀に見えるでしょう。

 

ところが実際の利益率は、あまり良くないケースも多いのですね。残り1割の負けによって、大きな損失が発生している可能性もあるからです。一気に大きく負けてしまえば、利益率が下がってしまう可能性もある訳ですね。つまりFXの売買ルールは、単純に勝ち率だけで選ぶのではなく、もっと複合的な基準で選ぶのが大切といえるでしょう。勝率が低くても、利益率は非常に高いこともあります。1つの基準だけに着目をするのではなく、複数の基準で総合的に判断する方が、自分に最適なルールも選びやすくなると考えられます。